Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

ブログ

Homeブログフィン ユール  Finn Juhl‘sHouse

BLOG-03社長の日常

フィン ユール  Finn Juhl‘sHouse

    皆さん 海の日の休日 

 楽しんでいますか?

 私は事務所でエアコンの中 涼しく 仕事しています。

 今年は もの凄く 暑いですね~

 雨もあまり降らないので 水不足が心配ですね。

 

     さて 北欧建築デザインツアー 4日目 6月10日 土曜日

 フィン ユールの自邸に行ってきました。

 1941年 コペンハーゲン郊外 クラットウェンゲにて着工。

 

 IMG_6086

  彼は アルネ ヤコブセンの影響を受けましたが、「建築物は、まず外装を考え内装をはめ込む」

 という当時の常識に疑問を持ち、まずは理想の内装と空間活用を考案し、それを満たす外装設計を

 手がけたそうです。

 

  主寝室  

  西側の窓の前には  ダイニングチェア 1953年製

  丸テーブルの廻りには アームチェア FJ48 1948年製 

 

 IMG_6039

 

  リビングルーム

  下記写真の 左側の1つが アームチェア FJ44 1944年製

  当時 ブラジリアンローズウッド材で12脚のみ製作されたそうです。

 

   隣の2つの椅子は フィン ユールの代表作であり デンマークを代表する椅子

  イージーチェア FJ45 1945年製

   「世界で最も美しい肘を持つ椅子」と言われているそうです。

    本当に上品で慎み深い椅子ですね。

 

 IMG_6045

 

  玄関からつきあたりにあるガーデンルーム

 大きな窓から 光がふりそそぎ 外と内が柔らかく

 繋がっている とても好きな空間でした。

 

 IMG_6071 (2)

 

  その ガーデンルームの外側には ブドウ棚があります。

 

 

 IMG_6087

  庭のテラス ブドウ棚とベンチ

 思わず 座り 庭を眺めていると 「なんと気持ちのよい家なんだろう~」

 と独り言を言っていました。

 

  どの 部屋に行っても 中と外のつながりを大切にした設計を感じ

 自身の家具やアート作品 外の景色の心地よさに包まれながら 

 暮らしを楽しむ 彼の想いや人柄を感じることが出来ました。

  フィン ユールが50年近くにわたって この家と周りの自然を

 楽しみながら暮らした家。

 

   こんな 暮らしを提案したい

 

  素晴らしい体験をさせてもらいました。

                               代表取締役  安食 一

 

 

 

 

LINEで送る

hajime | 2017年7月17日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください