Yutaka

tel. 04-2953-2379

西川材を使った木造建築を行うYutaka。施工力の高さも特長のひとつです。

Yutakaな技術

HomeYutakaな技術建築工法について

建築工法について

建築工法には、在来工法(木造軸組み工法)をはじめ、ツーバーフォー工法、ツーバーシックス工法等、様々なものがあります。工務店やハウスメーカーによって、採用している工法もそれぞれ違います。どれが良くて、どれが良くない、ということはありません。それぞれに特徴があります。
Yutakaの場合は、在来工法を主に採用した家づくりを行っています。大工の技術力に自信を持つ私たちの家づくりにぜひご注目ください。

在来工法について

伝統的な軸組み工法

在来工法は、別名で木造軸組工法と呼ばれ、日本の住宅の中でも最も一般的で歴史の長い建築工法です。最近では、より耐震性を意識して金具での補強を施しているため、木造金物工法という呼び方をすることもあります。
どのような工法なのかを簡単にご説明いたしますと、柱・床梁・小屋梁・桁材など、住宅全体の木の骨組みを形成し、その木の骨組みに壁を付けていく建て方になります。
柱や壁といった「軸材」を組み上げていくことから、「軸組み」と呼ばれます。
最大の特徴は、間取り設計を自由に行えることです。ご家族のライフスタイルに合わせて、自由な設計が可能となりますので、多くの工務店がこの工法を採用しています。また、増改築にも対応しやすいため、将来的なことも踏まえて、メリットの高い工法といえます。

在来工法+金物で、耐震性能アップ

在来工法の特徴やメリットをより発揮するため、Yutakaでは、躯体の接合部分に、補強用の金具(耐震金物)を用いて、より耐震性を高める工法を実践しています。この耐震金物を採用することによって、従来の在来工法の何倍もの強度をもたらせることができます。
このような対応により、永く大切に維持できる注文住宅の実現に努力邁進しております。

Yutakaの耐震技術について

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください