Yutaka

tel. 04-2953-2379

夏は涼しい家、冬は暖かい家。次世代ソーラーシステムを導入して、快適な省エネ住宅を。

Yutakaな技術

HomeYutakaな技術次世代ソーラーシステム「そよ風」

次世代ソーラーシステム「そよ風」

次世代ソーラーシステム「そよ風」とは、太陽や風の自然エネルギーを利用して、一年を快適に過ごすことができる環境にもやさしい住宅システムです。

日本は、四季の変化に富んだ世界でも稀な気候環境の国です。夏は高温多湿、冬は低温乾燥という厳しい環境となり、住宅環境にとって、一年を通して快適に過ごせる家づくりは、簡単なものではありません。
それ故に、日本の家づくりは、各住宅メーカーや設備メーカーがしのぎを削って、高気密高断熱住宅等の様々な住宅システムを開発してきました。しかし、日本の建築とは、法隆寺にも代表されるように元々優れた木造建築技術を有しているのです。
Yutakaの大きな特徴のひとつは、大工の技術の高さ、にあります。脈々と受け継がれてきた優れた日本の建築技術と、自然の力を最大限利用できるこの次世代ソーラーシステム「そよ風」は、大変相性がよく、一年を通して、心地よく快適な空間が実現できます。

冬の日中

冬の陽が射している時間帯は、屋根は暖められています。
取入ファンにより、屋内に暖められた空気が取入れられます。それと同時に、暖かい空気は床下(土間コンクリート)まで届けられ、蓄熱槽に熱がたまります。

夏の日中

ギラギラの太陽が照り盛る夏のお昼は、屋根も当然高温になります。その時は、ファンの働きによって、屋根下の熱を帯びた空気は、そのまま外へ排気されます。

冬の夜間

日が落ちた冬の夜には、日中に貯めこまれた蓄熱槽の熱が放熱し、ポカポカと暖かい空気が、屋内に届きます。

夏の夜間

夏の夜は、放射冷却という現象により日中に熱くなっていた屋根は冷たくなります。冷やされた屋根下の空気はファンによって屋内に取り込まれます。床下の蓄熱槽(土間コンクリート)は、冷気に触れることで、蓄冷されます。

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください