Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

facebook twitter instagram

ブログ

Homeブログフミダイ

BLOG-01棟梁日記

フミダイ

  こんばんは。

少し間があいてしまいました。。。

さいたま市の大石邸の木工事が完了してから1週間。

川口の家の上棟から外部までお手伝いに行ったりしていました。

 

 そんな中、大石邸での話。

木工事中に中二階の階段前のお大きな窓。

風通しのために引き戸になっているのですが、

高い位置に付いているので鍵まで手が届きません。。。

 「ホームセンターで踏み台でも買って来ます。。。」と大石さん。

「半端な材料で造りますよ。俺が造ると高く付くから

カズマに造らせますよ(笑)」と話したんです。

 「どんな風に造れば良いですか?」と聞いてきたので

「馬鹿野郎!(笑)自分で考えて全部造れ!」と言ってやりました(笑)

 

 一切手を出さず見ているのも面白いものです。

色々試行錯誤しながらスミを引いていきます。

ホームセンターにも観に行ったみたいです。

 刻みに便利な電動工具を貸してやると言っても断ってきて

鑿だけで彫ってました。。。なかなか生意気な奴です(笑)

 

 「大石さん、喜んでくれるかな?」なんて途中でプレッシャーも少々(笑)

 

 大工とは職人ですが、完全なサービス業だと思います。

ボランティアや趣味で家を造っている訳では無いので利益も出さなくては行けません。

カッコつける訳では無いのですが、最後はお客様の笑顔が最高の報酬で

これは大工だけでは無く、全ての職業の基本だと思います。

 見習いのカズマが造った下手クソな踏み台です。

でも、この踏み台はカズマが大石さんの事だけを考えて

どうしたら軽くて、運び安くて上がりやすいか、彼なりに想いを込めた作品です。。。

ツッコミどころは満載ですが(笑)日曜日にも出て仕上げました。。。

 

 大石さんが喜んでくれるかどうかは別として、

今回のこの気持ちを生涯忘れる事無く、立派な大工になってくれる事を

楽しみにしています。。。

 

 この踏み台をフミダイに

大きく成長してください。。。

 

    棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月22日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください