Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

ブログ

2012年 9月

亮を偲ぶ会

  こんにちは。

今、関東に台風17号が接近中です。

雨は降っていますが、まだ風はそんなに強くないです。

かなり強力な台風みたいなので、自宅も現場も心配です。。。

 

 昨日は、3年前に亡くなった高校時代の親友、亮(りょう)を偲ぶ会で

飲みました。

 

 亮が亡くなって3年も経ちましたが、本当に昨日の事のようです。

当時は、居なくなった事が信じられず、ちょっとすれば「おーい、たもつ~」

なんて声がするんじゃないかなんて感じていました。

 

 毎年命日には残された奥さんと子供達ににお花を送っています。

命日付近と年明けには墓参りもしています。

 

 3年たって、面と向かっては言えなかった事や、いろんな話が

亮の墓前で素直に話せるようになっていました。

 

 そりゃ、顔が見れない寂しさはありますが、亡くなってからの方が

亮がそばにいるような・・・そんな気がします。。。

 

 お母さんは未だに涙が止まらないそうです。。。

亮、遠い空から、お母さん、家族をいつまでも見守ってな。

 

 湿っぽい話になりましたが、亮を偲ぶ会は大盛り上がりでした。

メンバーのモチが卒業アルバムを持ってきました(笑)

職場から直接来たのですが、1日持ち歩いていたそうです(笑)

小さな亮の顔も一緒にとりました。

 

 亮はパンクロックが好きで、出棺の時もパンクが流れていました。

俺たちもジメジメしてたら亮も面白くね~よってことで、

終電を超えて、始発までスーパーライブです(笑)

曲はもちろん、ブルーハーツ、ボウイ、プリプリ・・・

今時の歌なんて一切歌いません(笑)

42のおっさん、おばはんがティーンエイジャーにタイムスリップです。

 

 本当に楽しい時間でした。

亮も一緒に酔っぱらってくれたかな。。。

 

 サンキュー。。。りょう

 

    棟梁 安食 保

 

LINEで送る

yutaka | 2012年9月30日

ゆか

   こんばんは。

台風17号の進路がとても気になります。

最初は18号を気にしていたのですが、カズマに「17号がヤバいです」

と言われて・・・17号はノーマークでした。

進路次第で現場の養生をしなくちゃです。。。

 

 今日は杉の床貼りです。

カズマに2階を任せます。

子供部屋の中央付近に化粧柱があって床板との取り合いをやっているとこです。

 

杉の床板はいいですね。。。大好きです。

柔らかくて、暖かくて。傷がつきやすいのが短所ですが、本当に落ち着きます。

 明日はユニットバスの施工に業者が来ます。

雨が心配です。。。台風の進路も・・・

 

 土曜日は次女の小学校最後の運動会です。

晴れればいいな~

 

   棟梁 安食 保

LINEで送る

yutaka | 2012年9月27日

杉天井終了

   こんばんは。

今日は涼しいと言うか、少し肌寒い感じの日でした。。。

うちのカミさんは、鼻声になっていました。

つい何日か前まで「この暑さはいつまで続くんだろ・・・」なんて話してましたが

今日の様な涼しさだと、夏の終わりがなんだか寂しい感じです。。。

 

 小金井本町の家は杉の天井が1,2階とも決まりました。

リビングの天井。

ド~ンと太い化粧梁が存在感たっぷりです。

 

 自分は切り手になってカズマに貼らせます。

4m近い材料に手間取っていますが、手を出さずに1人でやらせます。

なかなか着かない焦りと親方の熱い視線でアタフタです(笑)

 綺麗に仕上がりました。

 

明日から杉のフロアー貼りです。

いよいよ現場も後半戦です。。。

 

    棟梁 安食 保

LINEで送る

yutaka | 2012年9月25日

エコバウ建築ツアー 6日目

ブォンジョールノ こんにちは とうとう、このツアーも最終日。 今日一日は、イタリアのミラノで観光です。 ミラノのシンボルであるイタリア最大のゴシック建築 ドゥオーモに来ました。 1386年、ジャン ガレアッツォ ヴィスコンティにより着工。 工期なんと、500年。 頂にはマドニーナと呼ばれる黄金の聖母像が鎮座していました。 天空突き刺す135本の尖塔と2245体の彫刻には感動しました。 12時過ぎと夕方に2度、内部に入りましたが、夕方には 丁度ミサの時間帯に入場出来ました。 いや〜 両親と祖先への感謝と共に こんなに贅沢な時間をすごせる環境を与えてもらえた事に 深く感謝いたいます。 グラッツェ 〜ありがとう〜 あ〜 お茶漬け食べたい (笑) 安食 一iPadから送信

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_11.JPG
LINEで送る

杉天井・床材

  こんばんは。

”暑さ寒さも彼岸まで”と言うとうり、だいぶ過ごしやすくなりました。

小金井本町の家は、杉の天井材、床材が搬入されました。

飯能の岡部木材さんから朝一で現場に到着です。

雨が心配でしたがなんとかもちました。

 

 さっそく天井から貼りだします。

高野電設の小原さんのリクエストで2階から貼りだします。

1階の配線が大工さんに追いつかないので(笑)

2階子供部屋です。

カズマと2人で貼りだします。

 

 2階はほとんど屋根垂木に直貼りです。

屋根断熱はウールブレスの100㍉。

綺麗に貼れました。

 

 明日で2階の杉天井を決めてしまおうと思います。

祭日ですが仕事に精を出します。。。

 

 良い週末を。。。

 

    棟梁 安食 保

LINEで送る

yutaka | 2012年9月21日

エコバウ建築ツアー 5日目

こんにちは はやいもので、エコバウ建築ツアーも5日目。 スイスの教会を見学し、ロープウェイで山頂に行き、下りの途中でランチを取りました。 レストランの隣に、スイスの伝統的な石造りの納屋を見学。 なんと、屋根まで石です。 地元のアルプス山脈で採れた御影石だそうです。 地産地消ですね。 現在、4日目時間かけて、スイスからイタリア、ミラノに移動中のバスの中。 みんなお疲れの様子、殆どの人が寝ています。 明日はミラノで最終日。 ヨーロッパで勉強出来る環境に感謝です。 安食 一iPadから送信

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_5.JPG
LINEで送る

エコバウ建築ツアー 4日目

おはようございます。 エコバウ建築ツアー 4日目 オーストリアのレーティスにある ミュージックハウスに行きました。 小さな街に、木をふんだんに使った木造建築。 地元の木のセンスの良い外壁がとても気に入りました。安食 一 iPadから送信

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_4.JPG
LINEで送る

エコバウ建築ツアー 3 日目

今日は、ミュンヘン郊外の木造建築会社 Baufritz 社の見学に来ています。 独自の方法で健康に配慮している会社です。 保存剤不使用、長期的な汚染物質のモニター、エレクトロスモッグからの保護等 Baufritz社は何世代にもわたり、健康と環境に配慮した建築を経営方針の中核理念 としてきました。 1896年にドイツに設立、116年受け継がれた理念。 建築に品質にとって、あらためて素材選定の重要性を感じました。 このツアーで、何が正しのか、自分の信念のもと本物をしっかりと見極める 眼を持ちたいと感じました。 安食 一iPadから送信

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_3.JPG
LINEで送る

ECO-bau Tour 1日目

こんばんは 代表取締役の安食は 株式会社イケダコーポレーション主催 第16回 ドイツ、スイス、オーストリア、イタリア エコバウ建築ツアー に参加しています。 5年前から、このツアーにいつかは参加したいな〜 と思っていました。 今回、専務をはじめ社員一同の協力のもと このツアーに参加することが出来ました。 感謝です (^_^) 初日、 ドイツ ミュンヘン Bauen fur Munchen GWGミュンヘン市内、市営住宅公団(GWG Munich)の改築後の見学会。 カウフマン&リヒトブラフ建築事務所による改築の設計です。 改築の概要は 建物の基礎構造物は残し、既存壁面の外側に断熱材を入れたプレハブ工法による カーテンウォールを採用。 壁面の厚みは約40センチになり、断熱性は格段に上がる。 冬の厳しいドイツでも、暖房の使用日数が、10前後と聞いて 驚きました。 断熱性の向上、床面積を50パーセント増やしたそうです。 古い建物を簡単に解体するのではなく、既存構造体を利用し、 断熱性の向上で、無駄な廃棄物の削減、不必要な新築時の材料、及び人件費の削減。 更に、改修後のco2排出量の大幅な軽減が成されました。 ここドイツでは この様な考え方が 本当に社会全体に浸透し、 さらなる co2排出量削減と現状に満足せず、努力を惜しまない姿勢に 関心するばかりです。 安食 一 iPadから送信

d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e_2.JPG
LINEで送る

M

  こんばんは。

昨日から現場には高野電設の小原さん、奥冨設備の町田さんが

配線、配管に来ています。

 知れた顔なのでみんな楽しく、和気あいあいと仕事をしています。

 

 昨日、仕事中に聴いているラジオから

プリンセス・プリンセスのMと言う曲が流れて小原さんが口笛をふきます。

だいぶ年下の小原さんに「プリプリ世代じゃないでしょ?」

「俺たちはジャストだけどな」って2つ下の町田さんに。。。

「そうですね・・・これ聴いて別れた彼女が戻ってきましたもん」なんて

青い春の話をしでかしました(笑)

 町田 真(まこと)・・・M‼

 

 さて現場の方は(笑)

断熱材のウールブレスが搬入されましたので1階床に敷き詰めて

床の捨て貼りです。

 床と壁は60㍉厚、天井(屋根)は100㍉が入ります。

すごく扱いやすく高性能で古川さん拘りの断熱材です・・・東久留米の時も言ったかな。。。

 

 外部はラス下貼りが進行中です。

 天気にも恵まれて順調です。

 

 明日は3年前に亡くなった高校時代の親友の命日です。。。

明日は予定があるので祭日の月曜日にお休みをもらって墓参りに行ってきます。。。

 

 みなさん良い週末を。。。

 

    棟梁 安食 保

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年9月15日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください