Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

ブログ

2013年 5月

マンションの床

  こんばんは。

 昨夜は仕事を早く切り上げて、妻とデートをしました。

日本武道館に平井堅のLIVEに出かけました。。。

Ken’s Barと言う平井堅がバーのマスターになって唄う

今年で15周年のLIVEです。

Barと言うだけあってお酒を飲みながら鑑賞出来るコンサートで

普段は色々なアーティストのカバーをアコースティックでやるのが多いのですが、

今回は15周年記念でファン倶楽部限定LIVEと言う事で

平井堅のオリジナルをファン投票で決めてベスト15を

カウントダウンしていくと言う企画で、とても楽しめました。。。

 

 と言う事で(笑)

リフレッシュしたトコロでマンションのリフォームですが

床材が入りました。

 先ずは床に防音の処理をします。

サイレントトライマットと言う材料をコンクリートスラブに敷き詰めます。

ゴムの様なクッションが施されていて床の音を下階に伝えない様にします。

 

 その上にフロアーを貼っていきます

 床材はヨーロピアンオークの15ミリ。

 緑色の物体はスペーサーでオークの様な硬木は湿気で木が膨張すると

逃げ場が無くなり浮き上がってしまうので、予め隙間を作って貼ります。

 

 ただ、今は梅雨時で一番湿度が高い時期なので

スペーサーもキツ目に貼って行こうと思います。

 

 明日は現場を空けて次の新築の現場にやり方出しに行ってきます。

 

 天気が良ければ良いのですが・・・

 

    棟梁 安食 保

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月30日

マンション・リフォーム

  こんばんは。

先週末から新しい現場が始まりました。

木造の大工として育った自分?としては数少ない

マンションのリフォームです。

 

 初めてではありませんが、あまり経験が無く

不安な要素もありますが、きっちりこなして綺麗に納めたいですね。。。

 築29年だそうですが、そんなに古く感じられず

駅にも近い良いところです。

 

 10階建てだったかな?11階?。。。

そのくらい(笑)の2階の部屋で階段も近く助かりました。

 

 これが上の方の階だったら材料の搬入やら何やら

何をするにも大変だと思います。

 解体が終了してこれから造作です。

慣れないRCですが頑張ります。。。

 

   棟梁 安食 保

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月27日

フミダイ

  こんばんは。

少し間があいてしまいました。。。

さいたま市の大石邸の木工事が完了してから1週間。

川口の家の上棟から外部までお手伝いに行ったりしていました。

 

 そんな中、大石邸での話。

木工事中に中二階の階段前のお大きな窓。

風通しのために引き戸になっているのですが、

高い位置に付いているので鍵まで手が届きません。。。

 「ホームセンターで踏み台でも買って来ます。。。」と大石さん。

「半端な材料で造りますよ。俺が造ると高く付くから

カズマに造らせますよ(笑)」と話したんです。

 「どんな風に造れば良いですか?」と聞いてきたので

「馬鹿野郎!(笑)自分で考えて全部造れ!」と言ってやりました(笑)

 

 一切手を出さず見ているのも面白いものです。

色々試行錯誤しながらスミを引いていきます。

ホームセンターにも観に行ったみたいです。

 刻みに便利な電動工具を貸してやると言っても断ってきて

鑿だけで彫ってました。。。なかなか生意気な奴です(笑)

 

 「大石さん、喜んでくれるかな?」なんて途中でプレッシャーも少々(笑)

 

 大工とは職人ですが、完全なサービス業だと思います。

ボランティアや趣味で家を造っている訳では無いので利益も出さなくては行けません。

カッコつける訳では無いのですが、最後はお客様の笑顔が最高の報酬で

これは大工だけでは無く、全ての職業の基本だと思います。

 見習いのカズマが造った下手クソな踏み台です。

でも、この踏み台はカズマが大石さんの事だけを考えて

どうしたら軽くて、運び安くて上がりやすいか、彼なりに想いを込めた作品です。。。

ツッコミどころは満載ですが(笑)日曜日にも出て仕上げました。。。

 

 大石さんが喜んでくれるかどうかは別として、

今回のこの気持ちを生涯忘れる事無く、立派な大工になってくれる事を

楽しみにしています。。。

 

 この踏み台をフミダイに

大きく成長してください。。。

 

    棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月22日

宝箱

     こんばんは。

 3月15日に上棟した大石様邸が本日、木工事完了しました。

設計で施主である大石さん(奥様)とは初めての仕事でしたが

順調に進みました。

 たった2ヶ月ではありますが

こうして改めて写真を撮ってみると

終わったな~ってホッとした気持ちでいっぱいになります。

 

 各現場、現場でいろんな思い出が出来て

良い仕事についたな~なんて想ったりもします。。。

 これからこの家でどんな生活をするんだろ。。。

どんな家具を置くのかな。。。

 そんな些細な事が本当に楽しみで

機会があれば引越してからもお邪魔したいくらいです(笑)

 毎回、毎回、そんな気持ちで仕事に向き合って行きたいと。。。

 

 自分らにとっては一つの現場でも

施主様にとっては想いの詰まった宝箱ですから。。。

 カッコつけすぎました。。。

 

 とにかく次の現場も施主様に喜んで頂けるように

全力で仕事します!

 塗装、壁紙(オガファーザー)が仕上がるのが楽しみです。。。

 

 大石さん、お世話になりました。。。

またウッドデッキ等でお邪魔します。。。

 ありがとうございました。

 

      棟梁 安食 保

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月13日

北の国から

  こんばんは。

5月前半とは思えない様な暑さ、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

自分は完全に体調を崩し、10日近く風邪の様なアレルギーの様な

症状に参っています。。。

身体が反応しきれない!そんな感じです。。。

 

 今日はうちの会社にお客様がいらっしゃいました。

北海道で藤井工務店http://daiku-fujii.com/を経営している藤井社長と

大工さん3人、計4名のお客様です。

 

 藤井社長とうちの社長が昨年のエコバウツアーでヨーロッパに研修に行った時に

知り合いまして、この度、2泊3日で関東視察と言う事で

うちの会社に来て頂きました。

 建築の話は尽きないのですが、せっかくなので、うちで施工した

家を観て頂こうと、2年前に引き渡したお宅にお邪魔しました。

 

 建てたい家や目指しているものも共感できて話も盛り上がり

大工さんは納まりなんかも目を輝かせてチェックされていました。。。

自分はまだまだ未熟者なので、なんか試験を受けている様な気分でした(笑)

 午後は現在施工中の3現場を観て頂きました。

「これは○○ですか?」「うちでは○○を使ってます」

色々な情報交換が出来てとても楽しかったです。

 

 北海道と埼玉。一番の違いはやはり断熱。

-20度にもなる北海道はこちらの断熱の考えとは全く違い

もちろん壁厚、サッシ等など驚かされる話ばかりをしていただきました。

 

 今日一日ではありますが、本当に刺激を受けました。

   北海道と埼玉

距離はありますが、目指している未来は近い。

そう感じました。

北海道からわざわざ来られるその情熱を皆さんの目から感じました。

 

 北の国から。。。

勇気と希望をありがとうございました。。。

 

 今度はそちらに伺います。。。

 

    ps 斎藤さん、本日は本当にありがとうございました。

         また宜しくお願いします。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月10日

階段完成

  こんばんは。

とうとうGWも終わりですね。。。

自分もカレンダー通り休みましたが、これと言って

どこにも行かず、今日は仕事をしました。

 

 3日間休みましたので疲れもとれたのですが、

先週からの風邪が完治せず絶好調とは言えません。

 まぁ仕事してれば治るでしょ。。。

 

 てな事で先週かけた階段に手摺を付けました。

なかなか手こずりましたが、なんとか収まりました。

 北側からもたっぷり入る日差しに

階段スペースも良い感じになっています。

蹴込も無いので階段下も明るいです。

 中2階から2階への階段。

こちらは両側に手摺をつけます。。。

 

 木工事完了もあと僅かです。

 

 休み明け、しっかりエンジンをかけてラストスパートです。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月6日

階段物語

  こんばんは。

風邪をひきました。。。

先週末からちょっとおかしいなと思ってたら

日曜日に悪化。GWで2連休させてもらって助かりましたが

まだ本調子には程遠い感じです。。。

季節の変わり目、皆さんもご自愛ください。。。

 

 さいたま市の家は階段造りが続いています。

先週、中2階から2階への階段をかけました。

 8段の階段です。

段板は杉の40ミリ厚を使いました。

凄く綺麗な材料をフォレスト西川さんが入れてくれました。

現場で鉋仕上げしたので艶つやです。

 

 今日からは1階から中2階のメイン階段にかかります。

段数は上がりきり12段。形状は同じです。

 刻んだササラを場所に仮置きして床との接点、

2階框との接点を確認します。

 この階段は全て組んでからでないとかけられないので

意外と大変で手間がかかります。

ぐるっと化粧で見えるのでなおさらです。。。

 段板には滑り止めの為トリマと言う機械で丸く溝を付けました。

 

 今日、階段を刻みながら、ふと思い出しました。

 実は自分、独立するまで、まともに階段をやったことがなかったのです。

自分の親方は、何しろ仕事をやらせてくれない親方でした。

俗に言う「仕事は見て盗め」ってやつです(笑)

もちろん、親方が階段をやるときに手元となって手伝ってましたが

自分で墨を付けて刻んで取り付けまでやった事が無く独立したのです。

 

 独立して初めての現場で、普通の6段廻りの階段に出くわしました。

墨の出し方がさっぱり解らず途方に暮れて、変なプライドが邪魔をして

親方にも聞けず時間だけが過ぎて内蔵がブルブルしてパニクってました(笑)

 

 とにかく出せる墨は全部出そうと壁に薄ベニヤを何枚も貼り

1段目から全部墨を出して1週間掛かってやっと完成しました。

当時は本当に苦しかったけど完成した時の感激とホッとした安堵感を

今でも鮮明に覚えています。

 

 今回の階段は、あの時かけた普通の6段廻りの階段より

遥かに難しく、組む順番や段取りによって大変な事になってしまいます。

 でもこうして落ち着いて対処出来る様になったんだな~なんて

昔の思い出を振り返りながら楽しく造れました。。。

 

 弟子のカズマもいずれやらせるつもりですが

自分と同じ様にやらせないで独立させちゃおうかな~(笑)

 

 明日は手摺を付けようと思います。。。

 

 ちょっとした”階段物語”でした。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年5月1日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください