Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

ブログ

2015年 7月

Yutaka Handmade

        こんにちは。

 昨日、 今日は台風の影響で凄い雨でした。

 地元の入間川も凄い水位でちょっと心配になりました。

 今、工事中の高萩の家の前の小川も溢れんばかりの勢いでした。

 本当に自然の力は凄いですね。

 人間の力ではどうにもなりません。。。

 自然の恵みに感謝し、自然の力に逆らう事無く生きていきたいと想うのです。。。

 

  今度着工します鶴ヶ島市「脚折(すねおり)の家」は自分が棟梁として叩きます。

 上棟まで時間的に余裕が有り、弟子のカズマにも少しでも多く経験させようと

 この現場は「手刻み」をすることにしました。

 

 予算や工期。。。色々な理由でなかなか手刻みが出来る条件が揃わないのが現実ですが

 「やれる時はやる」

 なんか松岡修造みたいですが(笑)そう想います。。。

 二階の床、一階の天井となる梁の墨付け。

 材はもちろん西川材の杉です。

 写真の梁の 巾は四寸(120mm) 成りは尺(300mm)です。

 

 真ん中の黒い直線が材の芯を示すスミです。

 木造在来工法は基本的に「芯追い」です。

 面(ツラ)から寸法を追うのではなく、芯から追うのです。

 

 

 写真は土台で西川材の桧四寸角です。

 親方が墨付けをして弟子が刻む。

 昔ながらのスタイル。

 

 この形が理想的ではないでしょうか。

 刻みは大工仕事の基本が全て入っていると言って良いと思います。

 若い職人が仕事を覚えるには刻みは一番だと思います。

 

 今回始まりました脚折の家。

 「Yutaka Handmade」のスタートです。

 

 家づくりと共に職人づくり。。。

 

 微力ながら頑張ります!

 

       棟梁 安食 保

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2015年7月17日

高萩の家・内装

           こんにちは。

  暑いですね。。。

 大工としてはつらい季節になっ・・・大工だけじゃないか(笑)

 こうなると風呂上りのビールが美味いですよね。

 しかし先日受けた健康診断で肝機能の数値が芳しくなく

 毎日楽しみにしている晩酌を3日おき・・・2日?

 1日おきにしようかなと悩んでおります(笑)

 健康あっての人生だし仕事だし趣味だし(笑)

 いつまでも元気にいたいですね。。。

 

  さて高萩の家はいよいよ内装の仕上げが始りました

 市川内装さん

 新人が入りまして職人さんから教わりながら

 仕事に励んでおります。

 オガファーザを貼っています。

 手際良く作業が進みます。。。

 キッチンではオーダーキッチンの搬入の下準備。

 今回は倉島木工さんにキッチンの製作、取り付けをお願いしました。

 また完成しましたらアップしますね。

 

 台風の接近も気になりますが

 元気にがんばります。

 

 それではまた。

 

         棟梁 安食 保

 

LINEで送る

yutaka | 2015年7月11日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください