Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

ブログ

2013年 9月

家具屋と大工と

    こんばんは。

 ドイツから帰国して1週間近く。。。

帰国した次の日は時差ボケに襲われて、頭は痛いし

吐き気はするし、ボーっとするしで覚悟はしていましたが

こんなに酷いとは思いませんでした。。。

 

 時差ボケになってみてスポーツの選手や

世界を飛び回っている人達って凄いな~と思いました。。。

 

 小平津田町の家も大詰めです。

今週は大工さんから家具屋さんに。

 キッチンのカップボード、作業台から造りました。

カウンターはタモの集成材で家具本体はシナランバー。

 

 古川さんの設計は寸法が細かく出ていて

キッチリ収まっています。

作り手としては言わいる「逃げ」が少なく

結構大変なのです(笑)

 続いてキッチン。

天板はステンレスでワイドは2250ミリサイズです。

 

こちらも本体はシナランバーです。

シンクの下はオープンで隣に食洗機。

レンジの下もオープンで稼働棚を付けます。

 

 奥様のオーダーで古川さんが設計したと思いますが

とてもシンプルで使いやすそうです。。。

 

 今日は大工に戻り、ロフトへの階段をかけました。

 米松の梁、120ミリ×270ミリを刻みました。

リビングの端にあってロフト用なので幅は狭いです。

 

 

 段板をハメて完成。

段板は30ミリ厚。幅は540ミリ。

手摺りがないと怖いかもしれませんが

後でスチール性の手摺りが造られます。

 

 とうとうこの現場も終わりが近づいて来ました。

来週は格子を付けて細かい事を終わらせて塗装屋さんに

バトンタッチです。。。

 

 これから左官屋さんや電気、設備が入って

仕上がって行きます。。。

 

 どんな風に仕上がるか、

   とても楽しみです。。。

 

   今日はこれから高校の同級生と

 4年前に亡くなった親友を偲ぶ為に飲みに行きます。。。

 

  また1年経ったんあだなぁ。。。

 

 

       棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年9月28日

スイス・ドイツの空から

 こんばんは。

15日から23日までスイス・ドイツを旅して来ました。。。

去年、社長が参加しましたツアーでエコバウツアーと言います。

 

 スイス・ドイツのエコロジカルな建築を沢山観てきました。

 伝統ある建物から、新しい技術や知識を盛り込んだ

建物まで、沢山の物件を観ながら勉強して来ました。

 

 日本はまだまだ新築が多いのですが、

ドイツなどはリノベーションが圧倒的に多く、

100年、150年経った建物をいまの技術と自然素材で

もう100年、150年持たせようと言う考えなのです。

 

もちろん、日本とは気候も違うし、地震もありません。

また文化も違うので一概に真似する事は出来ませんが、

勉強になる事が沢山ありました。

 

 断熱に対する考えが凄くて寒い冬にも

少しの暖房で過ごせるように考えられています。

 

 また、有害物質を含む建材を使う事なく

遠い未来に解体したとしても土に帰る様に

ミネラルな素材でできています。

 

 日本ではまだまだその意識は少なく

人や地球にやさしいと言ってもまだまだドイツに

遠く及ばないと衝撃を受けました。

 

もちろん、ドイツでも予算等の都合で易い

石油製品の建材も沢山使われていますが、

志を高く持った建築家は徹底的に拘りを持って

素晴らしいデザインで自然素材を使っています。

 未来の子供達や孫達、もっともっと先の人々。

地球の豊かな自然や生きている動物たち。

 

 自分達は永い歴史の中で受け継いだ良いものを未来に伝え

人類が犯した間違えを辞めなければいけないと想います。

 

 今、生きている自分が良ければ良いのでは無く

「昔の人って凄いね」「昔の人って優しいね」って

言われる様な行動をしなくてはいけないと想います。

 

 便利で安くて使い易いに、あまりにも偏りすぎ、

”負の遺産”を未来に残して良いのでしょうか。。。

 

 自分は今回、職人目線で技術に興味を持って旅立ちました。

でも、職人の技術もエネルギーも自然も

すべては未来に残さなければいけない大切なものだと

改めて想いました。。。

 

 大工として、小さな工務店としてやれる事は少しかもしれない。

でも自分に出来ること、考えられる事を

今回共にした仲間と共有しながら

未来に恥じない建物を残せたら良いなとおもいました。。。

 自分の未熟さを思い知らされた9日間。。。

でも希望が溢れた9日間でもありました。。。

 

 一大工に留まらず、建築家としてもっと成長するように

 

 ドイツの空に誓いました。。。

 

 本当に、行って良かった。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年9月24日

エコバウツアー

こんにちは 。
15日〜23日までスイス、ドイツに エコバウツアーで来ています。 

自然素材にこだわった、半永久的に持続させようと言う建物を勉強しに来ました。

通信が上手く行かず、2日間のスイスは投稿出来ませんでしたが、3日目ドイツに入りました。

詳しくは帰国してからアップしたいと思います!

LINEで送る

tamotu | 2013年9月18日

エコバウツアー

こんばんは。
15日〜23日まで、エコバウツアーとして、スイス、ドイツに来ています!

今日は朝10時前の飛行機でフランクフルト経由でチューリッヒに到着です!

ホテルで懇親会
楽しく過ごせました。

明日から、スイス、ドイツのエコ建築を、この身体でいっぱい吸収したいと思います!

LINEで送る

tamotu | 2013年9月17日

エコバウツアー

こんばんは。
15日〜23日まで、エコバウツアーとして、スイス、ドイツに来ています!

今日は朝10時前の飛行機でフランクフルト経由でチューリッヒに到着です!

ホテルで懇親会
楽しく過ごせました。

明日から、スイス、ドイツのエコ建築を、この身体でいっぱい吸収したいと思います!

LINEで送る

tamotu | 2013年9月16日

エコバウツアー

こんばんは。
15日〜23日まで、エコバウツアーとして、スイス、ドイツに来ています!

今日は朝10時前の飛行機でフランクフルト経由でチューリッヒに到着です!

ホテルで懇親会
楽しく過ごせました。

明日から、スイス、ドイツのエコ建築を、この身体でいっぱい吸収したいと思います!

LINEで送る

tamotu | 2013年9月16日

エコバウツアー

こんばんは。
15日〜23日まで、エコバウツアーとして、スイス、ドイツに来ています!

今日は朝10時前の飛行機でフランクフルト経由でチューリッヒに到着です!

ホテルで懇親会
楽しく過ごせました。

明日から、スイス、ドイツのエコ建築を、この身体でいっぱい吸収したいと思います!

LINEで送る

tamotu | 2013年9月16日

もう上がれるよ♪

  こんばんは。

 一昨日は越谷、野田等で竜巻があり

多くの方が被災されました。

  不幸中の幸いと言って良いのか、亡くなられた方が

奇跡的に居なかった事が本当に良かったです。。。

 

 改めて自然の力の恐ろしさを思い知らされました。

被災された方々に心からお見舞い申し上げると共に

1日も早い復興をお祈り致します。。。

 

 小平津田町の家は造作が順調に進んで

階段がかかりました。。。

 24ミリの合板を組み合わせて階段を造りました。

仕上げは床と同じフロアーを貼りました。

 

 蹴込みや壁は左官仕上げ。

巾木はもう少し後でやっつけます。。。

 玄関ホールから見たとこ。

 

 今まで、御施主様も梯子で2階に上がってました。

2歳かな?娘さんを、お父さん、お母さんで抱っこしながら。。。

 

 また土曜日に来られる予定です。

今度は娘さんも自分の足で上がれます。。。

 

 かえって怖がって上がらないかな・・・

 

 土曜日が楽しみです。。。

 

    棟梁 安食 保

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年9月4日

御施主様からのご招待

   おはようございます。

 今日から9月だと言うのに、暑いですね。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが

あと20日位暑い日が続くのでしょうか。。。

秋が待ち遠しいです。。。

 

 昨日は大変嬉しい日になりました。

6月に引き渡しました、狭山市内のマンションリフォーム。

御施主様であり、設計もご自身でされました長沼さんに

社長、監督の岩澤、弟子のカズマ、そして私を

夕食に招待して頂きました。

 工事中は何も無くガラーンとしているのですが

こうして家具が入り、生活感が出ると本当に良いな~と想います。

 

 とても綺麗に住んでおられて、自分の家ではないのに

なんだか嬉しい気持ちになります。。。

 全体が白にまとめられ、凄く清潔感があります。

対面キッチンのカウンターは木で、壁はシナです。

 

奥の冷蔵庫は入れるのに大変苦労されたと。。。

 

  そして奥様の手料理を頂きました。

長沼さんも手伝ってご夫婦で用意された最高の料理。

 

 建築の話しや、それぞれの下積み時代の話しなど

時間をわすれて楽しいおしゃべり。。。

 

 自分の手がけた家でお客様の手料理を頂く。。。

こんな嬉しいことはありません。。。

 

 長沼さんご夫婦の笑顔も最高のご褒美です。

 

 これからも御施主様の笑顔の為に頑張ろう。。。

 

    長沼さん、奥様、昨夜は遅くまでありがとうございました。

  嬉しいと言う言葉以外見つかりません。。。

 

  本当にありがとうございました。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年9月1日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください