Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

ブログ

2012年

仕事納め

  おはようございます。

昨日はゆたか建設、仕事納めで、社長、長屋、事務は

会社の清掃、駐車場の片付けをしました。

 

 自分と弟子のカズマは下小屋の大掃除です。

 1日かけて整理整頓。

二人で全身粉だらけになって清掃しました。

 

 思い起こせば、アッと言う間の1年でした。

今年も、沢山の方々とご縁を頂き、助けられました。

お客様、設計事務所の皆様、協力業者の方、職方。

皆様のおかげで無事、年越し出来そうです。

本当にありがとうございました。

 

 年頭に社長から”喜働”と言うテーマで

1年間、皆様の為に喜んで働きましょうと

今年の社訓が掲げられました。

仕事が出来る喜び、楽しさを感じられる1年でした。

これも皆さまのおかげです。

 

ご縁を頂きました

すべての方々にあらためてお礼を申し上げます。

 みなさま、本当に1年間、ありがとうございました。

来年も全力で楽しみたいとおもいます。

どうぞ、末永く、お付き合いの程、宜しくおねがいします。

 

     良いお年を。。。

 

   ゆたか建設 安食 一  安食 保

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月29日

サッシ付きました。

  こんばんは。

今日は、冷え込みましたね~

あきる野の現場に7時半過ぎに着いて車を降りると、

骨身に沁みる、こたえられない寒さ!

 仮設のトイレの水も完全に氷付き流せません。

 

 ひとまず、お湯を沸かして

インスタントコーヒーで身体を温めてから仕事です。。。

 

 早くサッシを付けないと寒くて辛いな~と

カズマと話している所にサッシ屋さんが来ました。

 早速、カズマと取り付けです。

サッシを付けるだけで、伝わる音もまったく変わります。

冷たい風も防げるので、明日からは少し楽になるかな・・・

 あぁ~、でも明日は外部の透湿防水シート貼りなので

結局、外仕事だ。。。

1階の床は断熱材を入れて粗床貼りが終了しています。

今日、杉のフロアー材と天井材を注文したので

年明け早々現場に搬入される予定です。

 いよいよ今年も残りわずか。

ラストスパートをかけて無事越年したいものです。。。

 

 明日も寒いのでしょうね。。。

 

  寒いのやだな・・・

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月25日

サッシ開口

  こんばんは。

今日は寒かったな~

鼻の下なんかカサカサで感覚も無くなる程でした。。。

 

 朝一、屋根に上がって仕事をしたんですが、

スカイツリーが観えたんですよ‼

あきる野から観えるなんて思ってなかったんでビックリしました。

さすがに高いですね。

 

 あきる野の家は、1,2階共にサッシ開口の下地(マグサ)が終わりました。

これで外部の構造用合板が貼れます。

早く外部を塞がないと寒くてたまりません。。。

 

明日の午後位から合板が始められるかな・・・

 月が綺麗に観れたので

明日も晴れそうです。。。

 

 また寒いかな。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月19日

Sweets Garden Yuji Ajiki

   こんばんは。

本日の日曜日はクリスマスも近いと言う事で、

 横浜の兄貴のケーキ屋さん SweetsGarden Yuji Ajikiに出かけました。

 

自分で言うのもなんなんですが・・・うちの兄貴、

業界ではちょいと有名なパティシエなんですよ。。。

兄貴がパティシエになる前はケーキなんてまったく興味が無く

誕生日やクリスマスに食べる菓子位にしか思ってませんでした。

 

 しかし、そこにはしっかりした技術と知識が詰まっています。

レシピは建築と似ていて、材料の分量等がきっちり決まっているみたいです。

 職人として兄貴を尊敬しています。

     パティシエと大工。

まったく違う職種ですが、お菓子造りも家を造るのも

まったく同じだと、兄貴の背中が教えてくれました。

 兄貴のケーキは世界一(大げさ?)美味いと思っています。

口に入れると造り手の想いや優しさが広がります。

 ものつくりとは結局、”こころ”なんだなぁって。。。

 

 自分もお客さんが玄関に入った瞬間にあったか~い、優しい気持ちに

なるような家を。兄貴に負けないように頑張ります。。。

 兄貴、忙しい中本当にありがとう。。。

 

   うまかったよ。。。

 

      棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月16日

あきる野の家~上棟

  こんばんは。

今日も寒かったですね。。。

 

 あきる野の家は上棟の日を迎えました。

朝から良い天気で絶好の上棟日和です。

 今日は基礎を打ってもらった沼崎土建さんが

大変忙しく、建て方に来れないと言う事で

大工4人とレッカー、監督の長屋さんの少人数での建て方です。

 

 大工は杉浦さん、岡野君に来てもらいました。

写真は杉浦さんの”男の背中”です(笑)

 

 杉浦さんは自分が小僧の時、お世話になった大工さんで

とても良い腕の職人さんで知識も豊富です。

 自分の親方はもう亡くなってしまっているので

技術的な事や納まり等、今も相談に乗って頂いています。

 下小屋で墨付け、刻んだ材木を次々と組み上げていきます。

いつもより人数が少ないので忙しい感じでした。

夕方には屋根も決まりが着きまして

一安心です。。。

 

この時期は日没が早いのでうっかりしてると

すぐ暗くなって仕事になりません。

 5時過ぎからは予定どうり上棟式を始めました。

みんなで、ゆたか建設の法被を着てお神酒を頂きます。

 

 施主様の奥様が大きな鍋に豚汁を作って来てくれました。

冷え切った体に最高のご馳走で、おかわり、おかわりです(笑)

 

 大変ご馳走になりました。

 

これからお施主さまが一生を過ごす大切な”城”です。

心を込めて、仕事に打ち込みます。

 

 豚汁。。。

 

  ほんと、旨かったなぁ~

 

      棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月13日

忘年会

   ごんにでぃば(こんにちは)・・・声が出ません(笑)

昨夜は高校時代の仲間達22、3人?が集合しての忘年会でした。

今回は範囲を広げて声をかけようと言う事で

卒業以来、23年振り?4?に会う奴も何人か居て

とても話が弾み、楽しい忘年会でした。

 

 やっぱり、20代~30代での忘年会とは違い、

世の中の景気や自分の事業の話なんかで始まり、

みんなそれなりに背負うものを背負って頑張ってんだな~なんてね。。。

 

 酒の酔いが回ると、いつものように昔話で、

会うたびにおんなじ話で爆笑です(笑)

今回もみな18歳のあの頃と同じ笑顔でした。。。

 

今年もあとわずか

みんなまた1つ歳を重ねますが、

来年も、再来年もこうして集まりたいものです。。。

 

 みんな、楽しかったよ。

    また元気に会おうね。。。

 

 今回の幹事、都志子。

大人数で大変だったけど、ご苦労様でした。

おかげで楽しい時間をすごせました。。。ありがとね。

 

 また、やろうね。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月9日

刻み終了

  こんばんは。

あきる野の家の刻みが完了しました。

柱のホソ付けを紹介します。

ホソ取りと言う機械で加工します。

この機械、丸のこが4枚付いていて2度の操作で

簡単にホソを付ける事が出来ます。

こんな感じで。。。すると、

何と言う事でしょ~(笑)

 

綺麗に加工されました。

それから柱を90度回して

幅を加工します。

 

高速回転で4枚の丸のこが回っています。

 

 完成です。

ホソは一般的に1寸(30㍉)×2寸8分(約85㍉)で加工します。

 

 土台や梁に彫ったホソ穴に差し込まれて

柱が建っていくのです。

 

 今日はその土台敷きに現場に行きました。

現場は最高のロケーションです。

正面の山々がとても綺麗で空気もとても美味しいです。

 

 これからしばらくここが職場になります。

1日1日、楽しんで仕事が出来たらな~と思います。。。。

 

 上棟は13日です。

 

    棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月7日

化粧梁削り

  こんばんは。

  今日は日曜日。

朝、9時に予約をしていたいつもの美容室に行って

髪の毛をさっぱりしてもらいました。

朝は、さすがに寒いですね~。

髪も短くなってよけいに感じます。。。

 

 刃物の砥ぎもこの時期は冷たい水がこたえますが

下小屋ではストーブでお湯を沸かせますので助かります。

 下小屋の砥ぎ場です。

最近、作り直して、板金屋さんにステンレスで仕上げてもらいました。

2人で余裕、つめれば3人同時に砥げます。

蛇口も3つに増やしました。

とても砥ぎやすく、気に入ってます。。。

綺麗に砥いだ鉋で化粧梁を削ります。

材質は西川材の杉。3寸5分(105㍉)×9寸(270㍉)

1階リビングの天井に6本使います。

 

杉のシラタは鉋がけが難しく、小僧の頃はなかなか仕上がらなくて

削りすぎて材料が小さくなったり、斜めになったりで

親方や兄弟子にさんざん怒られました。。。

悔しくて、トイレに行って泣いたこともありましたね。。。

削っては砥いで、切れなくて砥いでって感じです。

手なんかボロボロで電車のつり革が恥ずかしくて持てなかったです(笑)

おかげ様で仕上げられるようになりました(笑)

良い艶があがりました。。。

 

 明日からは柱にかかります。

上棟は13日の大安に決まりました。

 

 寒いのでカゼなどひかぬように。。。

 

      棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年12月2日

親方の番付

  こんばんは。

今日は寒かったですね~

北海道も大変なことになってるようで

いよいよ冬に突入ってとこでしょうか。。。

下小屋ではストーブの薪をくべるのが忙しいです。。。

かなり古~いですが本当に助かっています。

ストーブの前に座ると、なぜだかジーっと炎を見つめて

考え事をしちゃうんですよね。。。

なんか炎って不思議ですよね・・・

 

 横架材の墨付け、刻みも順調に進みまして

今日は柱が搬入されました。

杉の3寸5分(105㍉)角です。

もちろん西川材です。

これから1本1本視ながらどの場所に使うか考えて

墨を付けます。

 

 今は製材に掛けて真っ直ぐですが

木目や節を視て建てた後に、どう曲がったり捻じれたりするか

予想しながら決めていくのです。

こっちは通し柱。

1階~2階まで1本で通す重要な柱です。

サイズも大きく4寸(120㍉)角で6メートルあります。

建物の角に使う事が多いですね。。。

 

 そういえば墨付けをしていて番付と言って

これはこの場所ですよと記しをするんですね。

横がいろは歌で縦が数字で付けているのですが、

昔、小僧(見習い)の時に自分の親方の番付がとても上手だったんですよ。

いつも憧れていて、俺も墨付け出来るようになったら

親方のように きれいに書きたいと思っていたんです。

 なんだか親方にそっくりになりました(笑)

親方はもっと上手かったと思います。。。

でも親方の番付に似ている自分に少し嬉しく、一人で照れていたのでした。。。

 

 天国に居る親方・・・どうっすか?

         少しは近づけました?

 

      棟梁 安食 保

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年11月28日

西川材 伐採

 

   こんばんは

 11月27日 火曜日 冬本番という感じで

 本当に寒いですね~

 

  昨日より 日高の家新築工事に伴う 自宅の山の木で家を造るプロジェクト (勝手に名前付けてます 笑)

  の伐採が着工しました。

 

  まずは 仮設道路   材木をふもとに運ぶ為の道

  

 

  チエンソーとオイルとカゴ  プロの道具チッェク

 

  木の根張 (ねばり)を切断   初めにこの部分をカットするそうです。

  木が倒れる時に この作業をしてないと 根元から変に裂けてしまうそうです。

 

 

 切り込み  倒す前に木の芯に切り込みを入れないと  桧は倒れたときに2mぐらい芯だけが倒れず残ってしまう。

 

 

  流石、プロ   狙った場所にぴったり 倒します。

 

 

 4mに玉切り  樹齢約 50年の桧です。    いい柱になります。

 

 

  今回、伐採をお願いしました、フォレスト萩原さん 製材担当の小峰材木店さんにいろいろと 伐採のこと

  木のことを教えていただきました。

  やはり 現場に行かないと解りませんね。

  料理  お寿司で例えると 萩原さんや小峰さんは漁師で私たち工務店がお寿司屋さん

  新鮮な魚を おいしい お寿司に どの様に にぎって お客様に満足していただくか

 

  山 と 木  そして 山で働いている林業のこと

  まだまだ、勉強しなければいけませんね

 

   伐採は楽しいですね

  一日いても退屈しません

 

  この桧で春ごろ上棟します

  楽しみです

                             ~喜働~

                                       あじき はじめ

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2012年11月27日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください