Yutaka

tel. 04-2953-2379

木と自然素材で素敵な家を建てる、Yutakaの日々。

facebook twitter instagram

ブログ

Homeブログ経年変化~我が家の床

BLOG-01棟梁日記

経年変化~我が家の床

  こんばんは。

 今日は、なんとなく過ごし易い日でした。

梅雨時だと言うのに湿気も無く風も気持ち良かったです。

 

 家に帰り、いつも通り晩酌をしていて、ふと気づきました。

うちの床、だいぶ良い色になってきたな~

 

 大規模リフォームをして3年が経ちますが

毎日住んでいて、その変化に慣れていて気にしていなかったのですが

改めて観察すると良い変化をしています。

 普段、ゆたか建設で使用している西川材の杉15ミリのフローリングです。

節有り、つまり一等材です。

なので、そんなに高い材料ではありませんが、肌触り、質感、経年変化と

大満足しています。

 

 施工者側からすると、こうした長所ばかりを伝えたいのが本音ですが、

今回は短所もお伝えします。

 

 ズバリ傷です!

 杉は軟材の為、ほんの少しの事で傷が付きます。

大げさに言うと、爪をたてただけで傷が付くのです。

 

 また、1枚目の写真は北側の食堂で2枚目が南側のリビングです。

夜の照明の写真でわかりにくいのですが、南側の日差しが強い場所は

どうしても白くカサカサになった様な所も出てきます。

 なのでメンテナンスも必要になってきます。

 

 でも自分はこの床にして本当に良かったと思うし、

妻や娘達も喜んでくれています。

 その短所を超越した肌触りの気持ちよさ、暖かさ、

年とともに変化していくその姿は、何とも言えません。

 

 傷も時間と共に家族の歴史になると想うのです。。。

 

 そんな、どこか心温まる家をお薦めしたいと

   あらためて、想うのです。。。

 気持ち良いですよ(笑)

 

 すいません・・・最後の最後に。。。

 

     棟梁 安食 保

 

 

 

 

LINEで送る

yutaka | 2013年6月6日

お問い合わせ・ご相談など、
お気軽にご連絡ください